受講生のご感想

<ティーコーディネーター養成コース修了の皆さま>

大阪府大阪市 Y.Yさま 11期生

ティージョルノで学んだ事は、感覚を通して知識や教養を深めていくことです!
実験、現物資料、先生私物アンティーク、美術館などへの遠征。さらっとした説明だけでは、自分の中に落とし込めず、通り過ぎてしまいがちです。私は、ティージョルノのレッスンで、実感として理解が得られたことがとても楽しいこと、興奮することだと思えました。そんな奥深い紅茶をより好きになれました。また先生の言葉で印象に残っているのが、「迷ったときは、コレが正しいというのは無くて、いろいろやってみて自分が良いと思えたものを採用していけばいい」ということです。自分の感覚をもっと信じてあげてもいいんだなと気持ちが楽になりました。

ティーコーディネーター養成コースの受講理由は、紅茶をしっかり勉強したい、将来的に紅茶に関わる仕事がしたいという2点でした。ティージョルノレッスンを受けてきて、まゆみ先生の知識、経験、こだわり、センスの良さに感動しました。
まゆみ先生のレッスンだからこそ、ティーコーディネーターまで進もうと思えました。

ティージョルノティーコーディネーターコースでは、探究していくことも、楽しいことだということを学びました。私は、1つのことに集中して深めていくことが何だか億劫でしんどいことだというイメージがあり、中途半端にしか物事に当たることができませんでした。結局何も身につけることができない自分が嫌でした。テイスティングの練習で、最初は特徴がなかなかつかめなかったのが、だんだんわかるようになっていったとき、自分の中で何か広がっていくような、そんな嬉しさ楽しさを感じられました。深くやっていけば、それまでとは一段違う楽しさがあるのだという発見がありました。自信は、やっていくなかで見に付けていくものなのですね。私の夢は、これまで学んできたことを、自分のフィルターを通して、他者に伝えていくことです。今まで、ワークショップやお稽古事が好きで、インプットばかりでした。それらを自分の中で再編集して、それを他者に伝えていけるようなことができたらいいなと思っています。

ティージョルノでなかったら、まゆみ先生でなかったら、私はここまで紅茶が好きになれただろうか。より深めていこうと思えただろうか。私は、ティージョルノで、好きな事、やってみたいことを見つけることができました。今後もティージョルノで学んだ自分の感覚を信じること、感覚を通して学ぶことを続け、自信をもって人に伝えていけるよう努力をしたいです。足かけ3年、少し時間はかかりましたが、初めて意思を持って続けられたことでした。
大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします!


京都府京都市 K.Mさま 9期生

ティーコーディネーター養成コースの受講理由は、このコースに進まない理由が思いつかなかったからです。
ティージョルノ紅茶教室に通うまでは、紅茶の種類や味の違いも分かっておらず、どれも一緒のように思っていました。しかし学んでいくうちに品質や少しの淹れ方の違いで、こんなにも味は変わり、繊細で味わい深いものなのかと気付かされました。紅茶の本当のおいしさを知り、学ぶことが出来たと思っています。

また先生のお話や茶通会などを通して、感性を磨き、自分の知らない世界に触れることができたと思っています。テーブルセッティングやお菓子の取り合わせ、先生の日々の過ごし方など、どれも素敵なことばかりでした。そんな素敵な時間を家でも送りたいと思い、今では毎日紅茶を飲むようになりました。

お茶時間は、人にくつろぎや豊かさを与えるのだと実感し、紅茶がもつ多くの力を知ることができたと思います。ティーコーディネーター養成コースで今まで学んだことの復習やテイスティングを徹底的に行なったこと、マナーや社会人としてのスキルは勿論ですが、一番印象的だったのは、自己啓発、人間力についてです。先生の豊富な知識やお付き合いの幅広さ、行動力、探究心にはいつも驚かされ、雲の上の人のように感じていました。自己啓発の授業で先生の根底にある考え方を教えて頂き、少しでも先生のような人に近づけたらと思うようになりました。これからももっと自分を磨いていきたいと思います。

これから、まず和菓子業界に紅茶を広めることを考えています。京都の和菓子屋では、紅茶を使って商品を作っている所が少なく、紅茶に対してきちんとした知識を持っている人も少ないと感じています。同じお茶の木からできている紅茶にも興味を持ってもらいたい。まずは、自分の会社で紅茶をふるまうことからはじめていきたいと思います。そして自分の会社で紅茶を使った商品開発・提案をしたい。いつになるかまだわかりませんが、実現したら先生に召し上がって頂きたいと思います。
楽しみに待っていて下さい。

ティージョルノ紅茶教室に出会い、様々なことを学べたことに感謝しています。お茶を通じて得ることができた先生とのご縁、ご一緒した方々との縁は財産であり、大切にしていきたいと思っています。
本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


京都府京都市 河波 綾子さま 9期生

私と紅茶を結びつけたのは、イギリスの故ダイアナ妃が大好きで、イギリスに興味を持って紅茶に辿り着きました。でも今は、万弓先生が大好きで、こちらのお教室に通って来るのが楽しみになっております。ティージョルノで学んだ事は沢山あります。イギリスの紅茶の基本、各国の紅茶の事、原産国の茶園の事や人々の暮らし、食器、食べ物など思い出すのが大変なくらい学びました。

でも万弓先生から学んだ事で一番は、型やスタイルではなく、美味しい紅茶、お菓子、友人・家族と楽しい会話でゆったり、ほっこりした時間を過ごす、自分流スライスであっても大丈夫で、そこには『おもてなし』の心や『女性らしい』気配りがあれば素敵な時間や幸せな空間が作れると言う事のようにおもいました。

ティーコーディネーター養成コースでは、テイスティングに悩まされてコップと睨めっこして泣いていました(笑)。どうしたら『違いのわかる女性』になれるのか?でも取りあえず頑張れるまで頑張るって努力しました。この年齢になっても努力は必要だと再確認致しました。紅茶の味がわかる様になってからは、他の所での紅茶の味がわかる様になり、お教室で万弓先生が出してくださる紅茶がどんなに美味しいかという事も知りました。ぜいたくですね!本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

テーブルコーディネートやマナーなど、万弓先生から学ぶ事が多かったです。
レッスンの時のお茶やお菓子の選び方や季節感や四季の行事など本当に素晴らしい!素敵なセンスを感じ尊敬しています。おもてなしの心、女性らしい気遣いなど 今後の私の人生においてもすごく役に立ちそうです。もっともっと勉強しなくてはと思いますので、初めから「ず~っと万弓先生の生徒でいたい!」と宣言しています通り、これからもずっとよろしくお願いします。今後の事は、まだまだ勉強中で具体的な事はありません。が、将来は今、万弓先生がされてる様な紅茶の旅をしてみたいと思っています。茶葉を買ったり、茶器や食器、お菓子など探して旅行するのも楽しいと思っています。

ボルネオやバンコク、チェンマイなどアフタヌーンティーを経験して楽しかった事もあるので、もっと色々な国で経験してみたいです。もちろん万弓先生の旅行にも参加してみたいです。今年のスリランカ紅茶研修ツアーの次も予定して下さい。最後に。今まで本当にありがとうございました。ティージョルノで出来た最高の宝物がこの「ご縁」だと思っております。これからも大切にしていきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願い致します。


京都府京都市 北尾 友栄さま 9期生

幼少の頃より飲み物と言えばコーヒー党の我が家。紅茶を勉強するきっかけは、素敵なマダムになりたくて~
オシャレなポットやカップに惹かれたのがきっかけです。まさかまさか資格を取るなんて~紅茶って本当に奥が深いんだなと痛感しています。幅を広げれば広げる程、勉強する事は沢山ある事にも気付き、紅茶に関して無知だった私にとって新鮮であり、知らなかった事での落ち込みもありました。しかし楽しくレッスンを受けられた事とこれまで続けられた事は先生の知識の豊富さと魅力だと思っています。

一番の学びは、「自分の強み」を見つける機会を作って頂いた事。日々何も考えず、ただ平平凡凡と過ごしていた私に考えることの意識を教えて頂いた事は大きな大きな学ぶであり、発見の手がかりだと思います。まだ「自分の強み」は何だろうと模索中です。「自分の強み」が見出せた時、何か違った一歩が踏み出せるのではと思っています。そして自分がやりたいと思い強い意志があれば、道は開けると再確認できたレッスンでもありました。今、フラワーアレンジメントを習って5年になります。将来、一人になった時、寂しさを紛らわす為というより、ボケ防止の為に自宅で月一回でもフラワーアレンジメント教室を開いて、終わった後に 私がティージョルノのレッスンの時に感じた幸せだなぁ~と思った様に今度は私が淹れた紅茶で皆様に幸せだなぁと感じてもらえる時間が持てたらなと思います。またケーキ作りが上手な友人とコラボできればとこれも楽しみの一つになっています。

今までレッスンで教えて頂いた事を忘れないように将来の夢が実現するように これからはアレンジの腕を磨きセンスも磨き、何よりもどんな場所、状況においても、美味しい紅茶が淹れられる自分になっていなければなりません。自分の目標の為、へこたれる事なくつき進んで行きたいと思います。


京都府福知山市 土田 真記さま 9期生

私とティージョルノの出会いは、3年前の雨の降る日の事でした。
1人で体験説明会に伺い、万弓先生の笑顔とトークで緊張も解れてきた時に淹れて頂いた紅茶が、あまりに美味しくてびっくりしたのを今でも覚えています。その時、私の中で紅茶の知らない世界を勉強したいと思う気持ちが生まれました。その後、毎回あたしい事を教えて頂き、勉強していくうちに、ティージョルノの紅茶のクオリティの高さに気付き、更に万弓先生のマニアックな面も知り、紅茶も先生も大好きになりました。

毎回のレッスンでは、テーマに合わせたテーブルセッティングやその都度違う食器にワクワクして、それだけでも幸せな気持ちになれました。スパイスの勉強では、苦手だったチャイの美味しさに驚いたのと、何よりも日本で市販されているシナモンとの違いは衝撃的でした!形、香りの違いを知り、その後チャイにすっかりはまってしまいました。その他にもペアリングやアレンジティーの授業もおもしろかったです。本当に何もかもが新鮮で楽しいレッスンでした。

ティーコーディネーター養成コースでは、私が思っていたよりもテストは難しくて悪戦苦闘でした。ただ今までのレッスンでは、楽しいばかりで全然知識として頭に残っていませんでしたが、ティーコーディネーター養成コースで勉強するうちに紅茶について香りや色の違いが最後の最後で分かってきました。テイスティングでは、今まで何度もしていたのに全然分からなくて本当につい最近しっかりと味の違いに気付き、回数を重ねることにより、身につくものもあるのだと実感しました。このコースでは、苦手な勉強を頑張ったことですし、今までやってきた事に自信を持って今後に生かして行こうと思います。

今後、今まで習った紅茶の事を生かして、ずっと前から考えていたティールームを開きたいと思っています。何よりティージョルノでのレッスンで一番楽しかったのがアフタヌーンティーのレッスンでした。きれいにセッティングされたテーブルには、たくさんのケーキ、スコーン、それにサンドウィッチ。きれいなティーカップとおそろいのティーポット。その空間にいるだけでわくわく、ドキドキしながらアンナマリアの気分で紅茶を頂く。最高にぜいたくな時間でした。何だか現実とは違うみたいで、本当に楽しくて、家でもお友達を呼んで何度かティーパーティーをしましたが、皆が笑顔になれて、本当に1つのテーブルで何時間もいられるのが楽しくて。後で余韻に浸れるのもいいですネ。

ティージョルノに通い出してから、あちこちのお店で紅茶を飲みましたが、やっぱりクオリティは、ティージョルノが一番です。
品質の良いものを自信を持って提供できる。常に最高の紅茶を扱っておられる事が素晴らしいと思いました。ティージョルノに通えた事を誇りに思い、福知山の田舎で、手作りのお菓子と美味しい紅茶で、1日ゆっくり過ごしてもらえるようなお店を作るのが、私の夢です。実現しましたら、ぜひ遊びにいらして下さい。


京都府京都市 Y.Oさま 

私の夢は、パティシエになることです。ティージョルノで紅茶を学ぶ中で、ティージョルノでのたくさんの経験を通して夢がどんどん広がり具体的になっていきました。ティーコーディネーターコースで最初のコースからの基礎事項の復習をした際、現時点で自分がどれだけ習得できているか、そして何を苦手とするのかを知ることができました。また各レッスンで紅茶教室を開き、先生になる為だけでなく、これから社会に出る為に役立つ知識として学ぶことができました。

ティーコーディネーターコースにいなければ学ぶことができなかった事もたくさんあり、自分をより成長させたと同時にこれらを全て自分のものにして自然にふるまっている万弓先生はやっぱりスゴイ!!と感じました。将来は、「大好きなケーキと大好きな紅茶を自分のお店でたくさんの人に教えることができたらどんなに幸せだろう」と新たに大きな目標とする光が見えて、この夢に少しでも早く近づいていつか絶対に叶えたいと思います。

ティージョルノに通い始めてから今日まで本当にあっというまでした。私が数あるお教室の中からティージョルノを見つけることができたのは、何かの縁があったのだと強く感じます。レッスンや茶通会、イベントなどを通して先生や周りの方から多くの刺激を受け、そして人と人とのつながりや温かみに触れ、感性を磨くだけでなく人間的にも成長することができました。

そしてティージョルノに通うことでよりたくさんのものを学びたいという気持ちが大きくなり、私の夢にも大きく影響をもたらしました。食への関心が高く、私の憧れるものをたくさんもっている万弓先生は、尊敬する人であると同時に私の憧れの人になりました。万弓先生に一歩でも早く近づけるようにもっともっと紅茶を勉強したいです。


滋賀県大津市H.Sさま 

ティージョルノに通おうと思ったのは、おうちに遊びに来られたお客様においしい紅茶でおもてなし出来たらいいなという理由からでした。ティージョルノでは、紅茶の知識だけでなくおもてなしの仕方やお呼ばれしたときのマナーなど、女性として身につけておきたいことを学ぶことができて有益な内容ばかりでした。特に教室運営、目標の立て方や自覚の持ち方等私もお花の教室を始めたばかりなのでこれからの運営にとってたくさんのヒントをいただきました。

生徒さん達とアフタヌーンティーパーティーを開いたり、ティーパーティーの開き方のレッスンなど番外編として開催してみたいです。それまで紅茶は渋くて後味が悪いとか香りが違うだけで味は全部同じだという印象を持っていましたが、こちらでティージョルノオークションティーやクオリティシーズンの紅茶と出会い、品質によってこうも味が違うのだということを知りました。そして茶葉の良し悪しだけでなく、おいしい淹れ方を学ぶことで紅茶がこんなにも繊細で味わい深いものだと気づき紅茶が大好きになりました。今では丁寧に紅茶を入れる事によって飲んでおいしいだけでなく、気持ちにもゆとりが持てるようになりました。

紅茶に限ったことではないのですが何かを丁寧に心を込めて行なう習慣は振る舞いも心も優雅にしてくれます。特に最近教室を始めたので早速ティージョルノでの学びが役に立っています。ありがとうございました。


大阪府大阪市 S.Hさま

「ここに来ると落ち着く」そう言ってもらえる私らしいカフェを開くのが私の夢です。
生活の中で紅茶というものが全くなかった私にとってティージョルノでの紅茶のレッスンは全てが新鮮でした。そんな私にとって最初の紅茶がティージョルノの“本物の紅茶”だったということはとても幸運だったと思います。さらに紅茶だけでなく、先生のセンスが生かされたテーブルの工夫、お茶と楽しむための空間、雰囲気作りなどはティージョルノでしか学べないものでした。ティージョルノに通うたびに自分の知識や世界が広がっていくことが本当に嬉しく、それが自分の“こやし”となっていくことを日々感じました。
ティーコーディネーターコースでは、具体的に自分だったらどうするか・・・ということを考えるようになりました。またそのように考えることのできる“自信”も付いたように思います。それまでとは違い“目配り、気配り”を気にかけることができるようになったと思います。毎日ただ日々の忙しさに追われる生活のなかでティージョルノのレッスンは私にとって“節目”のようなものでした。
ちょっと背筋を伸ばして町家でのレッスンを楽しむ・・・新しい感性に触れる・・・そしてそれが明日からの自分の“力”となる。いつも教室に来て、襖を開けるとコーディネートされたテーブルの向こうに広がる坪庭の景色が楽しみでした。

「こんな工夫で人の心を豊かにできる・・・人を美顔にさせることができる・・・」そんなことを学べるお教室、先生に出会えたことは私にとっての財産となりました。本当にこのご縁に心から感謝します。ありがとうございました。


滋賀県栗東市Y.Gさま

大好きな京都で風情あふれる町家での月一回のレッスンは、紅茶の事を学びながら日常の忙しさから解放され心静かに落ち着ける贅沢な時間でした。毎回美味しい紅茶だけでなく、テーブル小物やお茶菓子も先生の拘りやセンスにほっとさせて頂ける事が楽しみでもありました。紅茶のレッスンのテーマに合わせて登場するアンティークや中国茶道具、イギリスのお写真など未知なる世界を実物や写真で勉強できたことは貴重な経験でした。

ティーコーディネーターコースでは、自分のクセや傾向に気付かせて頂き、考えをまとめ、分かりやすく、人に伝え話す事の練習ができたのは勉強になりました。もうひとつはテイスティングの徹底指導。

食べる事が大好きで今までお料理、パン、お菓子と色々学んできました。そしてまたひとつ『紅茶』という食の知識が加わり世界が広がりました。パティスリーでのお仕事で実践として活かしていければ幸いです。数ある紅茶教室の中でティージョルノの福田先生にご縁を頂き、こうして2年以上も紅茶について学び続けてこれた事は奇跡的な事です。日本人として日本文化の良さを再認識し、京都の四季折々を感じながら、五感を通して学べた事、毎回紅茶について新たな発見があり、もっと知りたいと思える福田先生の御指導に感謝致します。

いつも先生の真摯な思い、情熱が伝わってきました。私もそんな熱い思いを語れる人になれるようこれからも努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。


京都府京都市 M.Aさま

京都に引っ越してきて模索しながら生活していく中で始めた紅茶教室「ティージョルノ」はまさにその名の通り京都らしい町家の空間で京女の先生から京都ならではのお話も沢山聞き、美味しいお菓子のお店情報等も沢山知る事ができ、引っ越ししてきた私にとってもどんなガイドブックよりも生の京都のことを知れる貴重な時間でした。

私にとって月一回京都を味わいながら楽しくほっこりできる空間でした。元々カフェや家でのティータイムが大好きで紅茶も好きでしたが深い知識のなかった私は紅茶に渋みを感じる事が多く、ミルクティーやアレンジティーで飲む事が多かったです。それが教室で良いものを正しい方法で飲む事により本当の紅茶の美味しさを知る事ができました。

そして紅茶の奥深さと共に紅茶から広がる色々な世界を知り、自分自身の知識や興味の世界も広がっていくことがとても嬉しかったです。このように教室に通うことによって普段の生活が豊かなものになっていったと思います。また何より先生ご自身の感性やこだわり、時間の使い方等女性として尊敬できることが多く、毎回五感を刺激されながらワンランク上の世界を味わえたような気がします。

ティーコーディネータークラスでは、紅茶の知識を深めると共に日々の生活にすぐ生かしていけるコミュニケーション力&マナー、お持て成し等を学べ、自己啓発のとても良い機会になりました。ここであらためて自身を見つめ直ししっかり習った事を実践していくことで自分の人生を深めていきたいと思いました。またレッスンで印象に残ったのは、オンリーワンを目指していくということです。正にこの教室がそうだと思います。何かを始めるとき私もそのことを是非忘れずにいたいと思います。今後は習ったことを生かしてお友達や家族とお家カフェやティーパーティーを主催したり、カフェ等で教えてみたりして紅茶パワーで沢山の人を癒す事ができたらなと思います。

そして夢は、レッスンでもよく出てきたイギリスコッツウォルズ地方にいつか紅茶旅行に行き、アフタヌーンティーや紅茶店巡りを楽しむ事です。最後にこの教室で素敵な先生や同じ趣味を持つ色々な方との出会いがとても貴重な財産となりました。有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。


大阪府豊中市 F.Yさま

2年前ティージョルノ紅茶教室という素敵なご縁があり、今の私がいます。
京都という落ち着きがあり華やか、日常を忘れることができる空間を作って下さった福田先生のもとで自分自身が楽しくホッとした気持ちで学ぶことができました。レッスン、茶通会を通じて自分の知らない世界を知っていく楽しさをすごく感じました。紅茶の歴史、テイスティング紅茶に関する事だけでなく 日常におけるマナー、将来のあり方などレッスンを受ける前には想像もしてなかった事ができた自分は幸せだなと感謝しています。

レッスンを始めた頃「どんなレッスンなの?」と聞かれ、「紅茶の淹れ方、テイスティング、紅茶を飲みながらおしゃべりして楽しい」と。しかし今は紅茶の知識は勿論 お茶を通じて日常を豊かに送ることができるように自分自身を高めるレッスンを受けた」と意識が変わり、自信を持って話せるようになったと思います。
今までの何となく、自己流から丁寧な気持ちで、少しアレンジを・・・とお茶の楽しさ、幸福感を知る事ができました。ティージョルノに出会わなければ「お茶」という幸福感を一生知らずに勿体無い生活になっていたと思います。グループレッスンでは単に楽しいだけではなく、皆から学ぶことができると改めて思いました。将来やってみたい事、いつの日になるかはわかりませんが・・・お花のレッスンの仕事をティージョルノで学んだ事プラスαあるものにしたいなと思っています。有難うございました。


兵庫県芦屋市 I.Iさま

ティージョルノで学んだ事「心・技・体」
心・・・礼儀、お持て成しの心、五感で学びました
技・・・テイスティングやブレンドを自らで行なう
体・・・紅茶を飲む習慣ができ、風邪を引きにくくなりました 等

ティーコーディネーターコース
“学ぶ→活かす→アウトプットする” “自分をプレゼンテーションする(弱み強みの確認)”
ティージョルノの「心・技・体」をどう自己流の力にし、人に伝えていくかしっかり学ぶ事ができました。人として、女性としてこれまでの経験を生かし、伝える力、プレゼンテーション力、学んだ事を基に伸ばしていきたいと思います。そして病や障害、色々な要因で生活に制限ができ ストレスを抱える人に前向きに楽しく過ごせる時間の過ごし方を目で楽しむ、感覚で楽しむ食卓やお茶の時間を通して人に伝えていきたいと思います。


滋賀県大津市 S.Oさま

私は、昔からコーヒーよりも紅茶の方が好きでした。多分イギリスへの憧れから来ていると思います。子供の頃から読書が大好きで「本の虫」でした。なかでもお気に入りだったのは推理小説でイギリス作家が大好きでいつかイギリスに行きたいと思っていました。初めての海外は念願のイギリスで大学生の時に2週間ホームステイをしました。私が「食後の飲み物は、紅茶がいい」というとマザーに感動されました。大人になってからも「外で飲むよりも自分で入れた紅茶が一番おいしい」と思っていました。でも入れ方を勉強したわけでもなく、本で読んで適当に守っていました。

紅茶を習いたいと思っていましたがなかなかこれといった教室に出会えずにいました。そんな時紅茶イベントを見つけ参加したのが福田先生との出会いです。福田先生が紅茶教室を開いていらっしゃると聞いてホームページを拝見してとても興味を持ちました。体験レッスンに行くまでは通うのは無理と思ったいたのに「どうやったら月に1回この教室に通うことができるか」と一生懸命考えて申し込みをしました。

実際レッスンが始まると紅茶は勿論、食器のこと、お水のこと、牛乳のことなどこれまであまり興味を持たなかった紅茶に纏わるいろいろなことを学んで、どんどん魅力にはまっていきました。そして早くいろいろなことを知りたくていくつかのコースを並行受講させて頂くことにしました。ティーコーディネーター養成コースへも進級も殆ど迷いませんでした。

これまで他の習い事では、それを仕事にすることはないので資格を取るところまではいいやと思い、手前で区切りをつけていたのですが 紅茶については、ここまで学んだことを何かの形に残したいという思いがとても強かったです。紅茶を仕事にするという目標もない私にはちょっと場違いかもしれないと心配したりもしました。ところが実際に始まるとそんな心配は無駄でした。紅茶に限らず、社会人として必要なスキルについてたくさん学ぶことが出来ました。これまで自分が意識して実践してきたこと、意識せずにやっていたことの両方が具体的に言葉になって確認できました。

今強く思っていることは、やっぱり自分の入れた紅茶が自分にとって一番おいしいということです。自信をもっておいしいと言えます。自宅で家族にお茶を振る舞うことも増えました。「おいしい」と言って嬉しそうな顔をしてもらえるとよかったなと単純に思います。これからも人が集まるときにお料理や紅茶を振る舞って笑顔を作れたらと思います。医師という仕事がら疲れ果てることも多いので、毎日いかにリフレッシュしながら過ごすかというのは私の大きなテーマになっています。自分で料理をしたり、パンを作ったりというのはとてもいい気分転換になっていますがそれに合う紅茶を選んで過ごすティータイムが私の一日の中でもとても大切な時間になっています。

興味があってやりたいことは取りあえずやってみる、というのが自分の長所だと思っています。これからもそうやっていけばティージョルノに出会えたような素敵な出会いがあると信じています。これからも宜しくお願いします。


京都府京都市 M.Yさま

最初は、コーヒーより紅茶が好き、紅茶教室って珍しいなどという簡単な気持ちで始めました。
しかしいざ始めて見ると奥深い紅茶の世界にどんどん引き込まれていき、今では紅茶を飲まない日はないと言っても大げさではない程になりました。淹れ方を初めて学び、何だか面倒臭いなと少し思ったけど、習慣になるとなんてことない!!洗いものをしながら ささっと紅茶の用意ができるようになりました。

イギリスに行ってみたい! アフタヌーンティーをいただきたい! という思いが芽生えました。そのために何年かぶりに英語の勉強を再開しました。京都に引っ越して来てから、私の生活はティージョルノが基礎にあったように思います。毎月の楽しみであり、紅茶の勉強を通して日常生活が豊かになりました。例えば食器は、食洗機可能のものが便利だけれど、たまにはお気に入りの食器を使いたいと。食器を集めるのが好きになりました。ほんの一手間で美味しい紅茶が淹れられると分かったので、料理などにも一手間を惜しまなくなり、家でゆっくりと美味しい紅茶をいただくのがとても大切な時間になりました。
本当に楽しくて有意義な時間をありがとうございました。


<マスターコース修了の皆さま>

滋賀県長浜市 森 佳子さま2014.6  マスターディプロマ取得

最初は軽ーい気持ちで紅茶教室の先生のところに行かせてもらいました。
カフェでも仕事をしているにで、何か役立つものがあればと思い・・・約2年程通わせてもらいました。町家の素敵な空間で、私にとって、毎回違う世界に来たような感じでとても居心地のいいお教室でした。毎回、テーブルの上には素敵なカップや、季節を感じる飾りをしていただいてました。いつも、思っていたのは、私は他の生徒さんより知らない事だらけで紅茶の知識はまったくなく、また、プライベートで紅茶を楽しめるお店等も 全然知らなくて・・・自分自身へこむ事もありました。でも先生は毎回受講させてもらう時、ひとつひとつ丁寧に教えて下さり、自分のペースでやっていったらいいのよとも言ってくださり、またお話が毎回 楽し過ぎて・・・(先生が海外に茶葉を買い付けに行かれた時のお話など・・・)知らない私も楽しんでました。

先生のお話が楽し過ぎて、お勉強したのをいつも忘れてしまうほどでした。また、紅茶の知識だけでなく礼儀作法や人に対する想いなども先生のお話か ら自然と教わってました。

コーディネーターコースも受講の予定でしたが、都合で出来なくなり、もうこれで終わりだと思っていたら、先生に少し間が空いても大丈夫よ、受講で きると聞いた時は、もう本当にうれしくてうるっときて、その後のお勉強は全然覚えていないぐらいでした。私にとって、コーディネーターコースは試 験に合格しなくても受講したい内容だったので感激でした。マスターコース最後の日は泣けてしまって・・・言葉に出来ないぐらいありがとうの日でした。

先生との素敵な時間をご一緒できてとてもうれしかったです。先生から学んだ事を実践できるように頑張ります。少しの間お教室にいけませんが、またお世話になりなります。その時はよろしくお願いいたします。 先生、ありがとうございました。


滋賀県大津市 M.T さま 2014.4 マスターディプロマ取得

私は本来コーヒーが好きで、紅茶は渋く苦いものと思っていました。
そんな私が紅茶教室に通うきっかけになったのが体験教室でした。ティージョルノのお教室はブログで知り、体験教室に行くと和の空間に 座卓に奇麗なクロスが掛けらていました。クロスの上にはその日の紅茶やお菓子のイメージでカップも選ばれ、コーディネートされていました。

私のイメージは、紅茶=(洋風+お花+お菓子+素敵なカップ+テーブルクロス)=可愛い素敵な空間と思っていましたが、そんなことはない、空間は自分で作り出すもの。どんなお部屋でも、どんな場所でもおもてなしはできるのだと教えてもらえました。素敵な演出に魅了され、ティージョルノのお教室に通うことをすぐに決め、毎日のレッスンが始まりました。淹れてくださる紅茶は香りが高く、先生の茶葉のこだわりが伝わります。これは味わってみないとわからないでしょう。レッスンに通うようになり、先生の豊かな知識とお付き合いの幅の広さに驚きました。そして、一番の驚きは先生の行動力!これこそお教室に通いたいと思った理由の一つです。

世界に愛される紅茶は他の国ではどのように飲まれているんだろう?お茶の葉は今も変わらず作られているのか。など、常々疑問に思っていたことがありました。小柄でキュートな先生ですがどこにそんなパワーがあるのかびっくりしますが、世界地図を広げ 世界各国調査に行かれるのです。そして自身の目で確かめられ、正確な情報を伝えたいと報告会を開いてくれました。楽しい時間もあっという間に終わりました。先生からディプロマを頂き、今まで学んできたことを懐かしく思います。敬遠していた紅茶でしたが、いろんなことを教えてくれたのは紅茶でした。紅茶は世界に広く愛されている飲み物です。人をつなげるきっかけになります。紅茶に出会えて私は幸せな時間ができたと思います。受け身だけでなく、何を知りたいのか、興味を持って取り組めば最高の時間になるのだと思いました。コースが終了しても、茶通会という形でつながることができるのも魅力です。先生お世話になりました。